家具配置迷い?大きい物を決めれば簡単!

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

引っ越しをするときもそうですが、
時々、急に模様替えをしたくなるときがありますよね?

しかしです。
家具にも適正な配置の方法というものが一応あります。
まぁ自身で満足いけば何でも良いんじゃ無いかと言われれば否定はしかねますが笑

【大型家具】

おわかりの方も多いんじゃ無いかと思いますが、
この“大型家具”の配置によって部屋の雰囲気が大きく変わります
基本は入り口から遠い位置
に配置した方が見た目の圧迫感が減るので良いですよね。

大型家具:ベッド

基本に忠実な置き方で問題ないでしょう。
入口に入ってすぐベッド
疲れて飛び込みとかは出来ますが、
圧迫感もかなりの物になりますよね?

勿論、絶対ではありません。
部屋によっては入口側に設置した方が、動線(人が動く場所)も確保しやすいとかがあるので。

大型家具:ソファ

リビング用の部屋とかが無い限りは壁際になりますね。
出来れば背面に窓があるのが好ましいと言われています。
理由としては後方に窓があることで開放感が出るからです。
しかし、これも入口入ってすぐ正面に窓があれば、開放感としては文句なしでしょう。

【背の高い家具】

1箇所に纏めてしまうのが基本的な置き方と言われています。
あまり色んな場所に背の高いものを置いている家も見ませんが笑
さらに、背の高いものは4種類の置き方に分かれます。

1:入口から対角線上に配置する

背の高いものって結構インパクト強めですよね?
それを逃がせる箇所が対角線上というわけですね。
最初の大型家具と原理は一緒です。
遠ければ圧迫感が軽減されるという原理です。

2:背の高いものから奥に行くにつれて低くなっていく

これが一応我が家でもやっている置き方になります。
こうすると中々に1番奥に置いているときよりも部屋が広く感じます

3:背の低いものから奥に行くにつれて高くなっていく

さっきと逆ですね。
模様替え前はこの置き方で、こうすることで天井がいつもよりも高く見えたりします。
これはこれで家が大きくなった気がします。

4:壁の中央に設置

試したことはありますが、結構見た目の攻撃力高めです笑
これは、まわりに少し背の低いものを置いたりして、壁に小物を設置できれば中々バランス良く設置できます。

ちなみにですが、棚との間に高低差があって気になる人にも
この、壁に小物を設置する方法は使えます。
意外とこれだけでバランスを取れて気にならなくなりますよ。

《それぞれまとめ》

【大型家具:ベッド】

・基本に忠実な入口から遠い置き方

【大型家具:ソファ】

・基本に忠実で尚且つ壁際

・できれば背面は窓

【背の高い家具】

・一箇所に纏めて設置
・部屋の対角線上に設置
・背の高いものから奥に行くにつれて低くすると部屋が広く見える
・背の低いものから奥に行くにつれて高くするとへやが高く見える
・中央に設置する場合は周りに小物を設置するとバランスがとれる

結局何かを考えて模様替え、というのは正直なところ煩わしさがありますよね。
一応紹介した置き方もある程度に頭においていただければ幸いです。

今紹介したのも、私が家具販売をする中で学んで行ったことになります。
なので、まだまだ新しい置き方もあると思いますし、個性が溢れる置き方も良いと思います。

例を言うのであれば、高校の時に背の高いスチールシェルフをTVボードとして使用していましたが、
中々に使い勝手が良かったのを覚えています。
勿論、正規の使い方では無いのでお勧めは出来ませんが笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする