脚付きマットレス、、、腰痛める?対策も実はある!

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

脚付きマットレスの購入を考えてる?
しかし、脚付きマットレスの購入の際ってほぼ必ず

「腰が痛くなりそう。」

という話が耳に入り

「え?じゃあ駄目なの?実際どうなの?」
今回は実際の使用感、使用する上での注意点の説明をさせていただきます。

購入しようー!
と考えているあなた!
まぁまず見てからしっかり選んで下さい。

脚付きマットレス

通常のマットレスと脚付きマットレスの違い

脚付きマットレスがどんなものかは知っているかもとは思いますが、
通常のマットレスと何が違うんでしょう?

通常のマットレス

マットレス自体の種類が多く”寝る”に適した物を選ぶことが可能です。

脚付きマットレス

マットレスの種類が少なく、安価なものが多いためある意味買い換えを前提と考えていることが多いです。
通常のベッドと違い、フレームに当たる本体が中に入っているような状態のため少し重い。

脚付きマットレスの基本種類

基本的に2種類ですね。
中身のクッション材が違うものはあっても、コイルは基本以下のものになります。

ボンネルコイル

身体を面で支える作りのため、寝心地としては固めに感じるもの。
この”ボンネルコイル”って本当に固いので、今まで布団で寝ていた人的には今までの感じに近いので
寝やすいかもしれませんね!

ポケットコイル

点で身体を支える作りのため、身体に柔らかさを感じる作りになっています。

脚付きマットレスは腰を痛める?

これも身体に合うのか合わないのかによるので一概にはいえません。
脚付きマットレスは種類自体が少ない為に、両方合わない可能性も勿論あります。

しかし、今はベッドの上にクッション材を増やす”マットレストッパー”が販売されているため
それを使用することで寝心地を調整する事が可能となっています。

どういう人が腰を痛めやすいのか

年齢にもよるところはあります。
基本として脚付きマットレスは”低反発”・”高反発”とかもありません。
中に入っている詰め物はウレタンフォームなどのクッション材です。
そして、腰の痛めやすい人というのは

・寝返りをあまり打たない人
・ボンネルコイルで横向き姿勢で寝ることが多い人

です。
なぜ最初に詰め物の話をしたかというと上記の腰を痛める人
”マットレストッパー”の購入をして下さい。

横向き姿勢で寝る人は”低反発”
寝返りをあまり打たない人は”高反発”です。

理由は
『マットレスをプレゼント?気をつけるポイント』
の”低反発”・”高反発”のところをそれぞれ読んで下さい。

脚付きマットレスは止めた方が良い?

いえ、買っていただいて大丈夫ですが、
最近は分割型で真ん中から分かれているタイプもかなりあります。

その分割型は気をつけていただきたい
なぜかというと『真ん中が腰の位置に来るから』
要するに木枠が腰にきます。

これ、腰に大ダメージを与えてきますので
分割型を買うのであれば”マットレストッパー”を購入
というもはやセットで覚えておいた方がいいでしょう。

なので、個人的には分割しない一枚物の購入をお勧めします。
勿論実際店頭に行って購入が確実ではありますが、
ネットでの購入が増えている中では、こういった情報を知った上で買うのと
知らずに買うのでは全然違います。

実際に健康被害も出ますので、、、

脚付きマットレスのメリット

・引っ越しの際分解が簡単なため移動が楽
・ベッド下が掃除しやすい
・安価な物だと引っ越しの際に買い換え、という行動に出やすい

脚付きマットレスのデメリット

・種類が少ない
・分割タイプだと腰を痛めやすい
・フレーム一体型のため重い

《まとめ》

・脚付きマットレスのメリット・デメリットは知っておく
・場合によっては”マットレストッパー”が必要
・寝方によっては腰を痛め安いもの
・基本的に種類が少ない

目次に戻る↺

どうでしょう?
購入に対してイメージはつきますか?
ネット購入は見た目で選んでしまったり、金額のみで選んでしまったりしますが
買って届いたら自分が思っていた寝心地と全然違う為に
寝ているのに疲れてくる。

寝ているのに疲れていくなんてやってられないです。
睡眠不足は半端ではないイライラになり、誰かと喧嘩の原因になってしまったり、
睡眠時間は確保出来ているはずなのに身体が休まらず、体調を崩してしまったり、
睡眠一つでどれほど生活に影響がでるのか、、、

なので買う際はしっかりと色々調べてから購入を決断して下さい。

目次に戻る↺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする