商品不良の交換、キャンセル?出来ない事ともある

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

家具を買った物の不良が起きた!
返品したい!交換して欲しい!

恐らく今後、今までも購入してからあったんじゃ無いでしょうか?

家具購入後のキャンセル、交換

この記事でこの場合は基本お店としては対応しかねる場合をお話しします。
個人的感情では交換できないものもあることを理解して購入、使用をして欲しいと思います。

対応出来るのは基本初期不良

商品購入して家に帰って使おうとしたら商品にヒビが入っている
剥がれが起きていた
とかですね。
最初の段階で不具合があったものです。
なので最初の確認はきっちりしっかりしていただきたい。

販売する身としてはもし、使用1ヶ月で

「すみません。商品にへこみがあったんですけど、、、」

と言ったとしてもその1ヶ月の間を販売会社側は知りません
そしてそれを説明したとしても、人の言葉にそこまでの信用性を持たせるのは難しいでしょう。
個人的には対応したい。
それは恐らく販売員全員思っています。

それが最初からです。
と言うことが実証出来れば良いですが、出来るわけが正直ないんですね。

剥がれは対応できる?

使用状況の確認した後の対応になります。

商品に剥がれが起きた理由は何なのでしょう?

そこが対応出来るか、対応出来ないかの境目になります。
例えば、
『カラーボックスを脱衣所でタオル置きとして使用してたら剥がれが起きた。』
この場合ですが、
”対応できません”

「は?」

と思う人もやっぱりいます。
これが無理な理由ですが、
”そもそもカラーボックスは水回りで使用する仕様で作られていない”
これが理由です。

「いやいや、そんなの普通の人知らない」

と言われれたとしても、この内容は説明書の注意事項に記載されている場合がほとんどです。
説明事項を読んだ上での使用が基本となるのでそれを読んでいない時点で
もう難しいという判断になってしまいますよね。

もし、説明書に記載がなければそれは保証期間内であれば対応して貰いましょう。
それは記載不足による会社側のミスです。

布系の不良はすぐ言わなければいけない

私が過去に対応した中でお客様が納得するのが難しいと感じたのが布系の不良です。

布の不良は正直1ヶ月以内であれば布の繊維がおかしいとかは対応出来るケースがあります。
しかし、ほつれを1ヶ月経って言われたとしても難しいです。
布の擦れでも起きるような内容なので
それこそ半月以内とかであれば対応は出来るんじゃ無いかと思います。

なので、布系の商品不良は気になった段階で言うべきです。
「普通に使用してこんなことになるわけ無いです!」

それも販売者側からしたら分かりません。
本当にちゃんとした方法で使用していた証明は出来ないためですね。

さすがに破れた、とかの破損までいってしまった場合は交換対象になります。
しかし、それに関しても何回も破れが起きた場合は対応が難しくなるケースがあるので注意して下さい。

手を加えた物は何も対応出来ない

お客様自身で手を加えた、つまり加工してしまった場合は何が起きても対応は出来ません
販売者、設計者側は
完全に作成された完成品を使用基準通りの使用方法で使用した場合の対応のため
そこから外れて加工された商品の安全性は保証しかねる、という事です。

例え小さな穴を開けただけでも加工という事にはなってしまいますよね。
その穴がある設計ではないので、、、

こんな事ばっかり言っていると本当にただの理屈野郎なんですが、
これが実際販売者側の事実です。

《まとめ》

基本初期不良しか対応自体が難しい
・保証期間というのはどこを保証しているとみているかを知る
使用注意事項には必ず目は通す
布系の不良は小さくても言う
加工商品は対応出来ない

目次に戻る↺

どうでしたか?
納得は難しいですかね?
理屈は分かるけど感情で理解出来ないこともあるかと思います。
しかし、これが販売者側なんだということは知っておくようにしましょう。
理解している人の方が販売者側も対応がしやすいです(笑)

目次に戻る↺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする