同棲で上手くいくための注意点

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

同棲でうまく暮らしていく為には何が必要なんでしょうね?
今暮らそうとしている人、上手く暮らしていかないと結局ストレス爆発!!
となる可能性すらあるんです。

なんせ違う人間が一緒の空間にいるんですから可能性としては高いですよね?
今住んでいて上手くいかなくなりつつある人とかもまだ間に合います。

では早速何をすればいいのか

人は寝るとき、起きた時どちらかは超不機嫌

もはや触らぬ神に祟りなし
と言っても過言では無いほどに駄目なポイントです。
寝起きが超いい人
寝付きが超いい人
どっちもいます。

しかしです。
どちらかの直前直後は半端ではない不機嫌になるポイントがあります。
これは経験上で人間全員に共通しています。

なので、触れないことにこしたことはありませんが、
暮らし始めとかは気分的に
寝付きも寝起きも何も起きないです。

しかし、生活が慣れてくると
そうもいかなくなります。
眠気が来たときに不機嫌スイッチが入るのか
寝そうになった瞬間が一番不機嫌になりやすいのか
起きた瞬間なのか
起こされた瞬間なのか
どこかのタイミングはアウトのところがあります。
私は完全に寝るときがアウトです。
確実に不機嫌になります。

そしてこれがそもそも自分自身で気づいていない人もいます。
このパターンが一番困ります。
分かっている人はもう聞けば早いと思います。
分からない人は気づくしかないので。

なので寝る時は気を張って相手を見て下さい。
これがわかるだけでかなり改善の余地はあります。

人は根本的には変わらない

先に言います。
注意したところで人というのはそんな簡単には変わりません
それを理解した上で人と暮らしていかなければ行けません。

注意や喧嘩をすれば一時的には治ります。
しかし、時間が経てば結局同じ事が起こるでしょう。

生活が激変してしまうほどの衝撃的な何か
価値観の変化が起きない限りは難しい。

勿論、注意する事は無駄にはなりませんが、
結局になってしまうだけです。

一時的な改善でも良いのであれば一度してみても良いと思います。
治る可能性が0と言うわけではないので。

注意する場合は治した箇所をどう継続させるのかを考えましょう

妥協はしよう

そんなもんしてるわ!
ってなるでしょう。

しかし、なっている人はこの記事を見る必要は無いんです。
妥協するというのは何を妥協しているんですか?

これが重要です。
人と暮らしていくなかでどこを妥協していくべきなのか。

妥協というのは、話さなければわかりません。
私はこれをしている、あれもしている。
これは完全に自己満足です。

私もそれで失敗し、結構な喧嘩もしました。
まず、お互いは何をしたくないのか、何が嫌なのか。
ここを理解して、初めて妥協が生まれることになります。

どうしても一緒に住むに当たって面倒になってしまう家事ってありますよね。
しかし、部屋を綺麗する(掃除)、洗い物する
むしろこれだけでいけます。

ここだけ頑張ってあげるだけですね。
これが妥協として出来ないのであれば色々難しいかもしれません。

どちらか片方が家事をするというのは出来ません。
もし、片方が専業で家事をして、片方が働く
という状態で子供がいないのであればまだ良いかもしれません。

しかし、同棲している人はほとんどの割合で共働きです。
その場合もし、片方が短いパートだったとしても
片方が家事を全てこなすのは結構しんどいです。

確実にストレスが溜まっていくでしょう。

どちらも一人暮らしから同棲は注意が必要

これが結構難しいです。
両方ともが一人暮らししていてからの同棲は
お互いの暮らし方が確立しているのでその暮らし方を崩すことになります。

最初の難関はそこになるでしょう。
料理の作り方、生活リズム、お金の使用する場所
まるで違うでしょう。

ここを合わせられることが最初の人と一緒に暮らすにあたっての課題

これが実家暮らしであれば、
個人で暮らしていくに為の生活リズムが出来ていないので合わせやすいといえます。

片側だけが一人暮らしに慣れている場合も一緒です。
一人暮らしの慣れている方に生活リズムが合わせられていくので
この場合も暮らし始めやすいです。

《まとめ》

就寝前後の不機嫌ポイントを見つける
注意したいときは継続させるための何かを考える
妥協ポイントを押さえる
お互い一人暮らししていれば最初が難関

目次に戻る↺

人と一緒に暮らすのは大変、、、
しかし、やっぱり人と一緒に住むことで毎日が変わるのでかなり楽しい。
それは色んな意味であなたに影響を与える。
今後の糧になるのは間違いないと思いますが、
暮らすうえで色々改善していくべきこともあるので
そのうえで楽しく暮らしましょう。

目次に戻る↺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする