ソファの中身?スプリングとクッション材はやっぱり重要!

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

ソファ購入の際、座り心地は確かに重要視するべきですが、
衝撃吸収材として使用されているスプリング材ごとで座り心地、
使用感が違います。

お店で座り心地を体験して購入しても
家で使う瞬間とは気持ちが全く違います

とりあえず座り心地を確かめるために座ったとしてましょう。
しかし、家でリラックスして座って使用するのとでは
座る時間の長さも気持ちも違います。

なにが言いたいかというと
試して買ったとしても、変わる、ということですよ。
ではスプリング、クッションごとにどういった特徴があるのかいってみましょう!

スプリングの種類

クッション材の土台となるスプリング。
クッション材の下にさらにクッションがあると思っていいただければ大丈夫です。

セットスプリング

コイルスプリングをいくつもつなげたもの。
マットレスのボンネルコイルと同じ特性をもっています。
横のスプリングと繋がって『面』で支えるため、
座り心地としては2人で座っていると
横の人が動くとそのまま振動が伝わるスプリング。
立ったり座ったりよく移動する人は、
「もう座ってて」と確実言われるものですね。

ウェビングテープ

ゴムを浸透させた糸、細いゴムに糸を巻き付けた物をベルト状に織った物。
格子状に編んでおり、衝撃吸収剤としては柔らかめです。

しかし、ゴムを使用した為、一度伸びてしまうと元に戻りません
なので上のクッション材に問題が無くても下の
衝撃吸収剤が伸びてしまうと、ヘタリ?
という状態にもなる可能性はあります。

スネークスプリング

波形をしたスプリング。
座面の薄い物に使用される事が多いですが、
座面が固いことが多いです。
結構長時間使用したりする機会があると、腰が痛くなっちゃったりします。

クッション材

衝撃吸収材は確かに必要ですが、このクッション材が座り心地は大きく左右される部分です。

ウレタンフォーム

最も多く使用されているクッション材で
軽くて弾力性があります。

最も多く使用されているだけあってこの部分の修理は結構融通が利いたりします
大きい企業とかであれば、買った商品が廃盤になればクッション材が無かったりしますが
ウレタンフォームに関してはほぼ無くなることが無いため、修理(詰め替え)しやすいのが良いですね。

わた

わたにも木綿わたや合成繊維わたなどが存在しますが、
現在は合成繊維わたの使用が多いですね。

このわたはウレタンフォームとセットで使用されます。

羽毛・羊毛

比較的高級な物に使用されます。
確かに、羽毛・羊毛はかなり身体へのあたり方がソフトに感じるため
座り心地としてはかなりいいと言えます。
しかし、物が物のために修理するとなるとそれ相応の金額が掛かってしまうのが
しんどかったりします。

張り材:布が良い?

布の良さは消臭、手入れ方法が多くメンテナンスが楽なことと、
選べる種類が圧倒的に多いことです。

布のメンテナンス

日々のメンテナンスは掃除機で表面を吸ったりするだけで十分です。
しかし、汚れた場合はお湯で薄めた中性洗剤で拭き取りましょう。
その後に水で濡らした布を固く絞り、拭き取りましょう。

どんなときに使用しているのかによりますが、
人の汗でどうしても菌が増えています
なので洗濯!こがしたいですよね?
勿論、カバーが取り外しできる物であれば
商品の洗濯方法を確認して洗濯は可能。

ですがカバーの取り外しが出来ず、洗濯が出来ないものもあるんです。
除菌や布用のプロテクターも売っているので買うようにした方が良いです。

皮のメンテナンスは下のリンクから確認しましょう。
ワークチェアの話ですが、
革の素材の話もしています。
『ワークチェアを選ぶ?買う前にどの素材で買うか考えましょう』

《まとめ》

スプリングにも種類ごとで固さが分かれる
クッション材で座り心地が大きく変わる
・布製は種類が豊富でメンテしやすい

目次に戻る↺

いかがでしたか?
スプリング、クッションって意外と種類があるんですねー。
メンテナンスもしていなければ、カビが生えたりするので気をつけて使用しましょう

目次に戻る↺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする