ベッドのサイズとは?サイズによっては注意が必要!

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

ベッドを選ぶ際に部屋を見て
「ここにベッドでしょー?
で、ここにテーブルでー」

みたいなことを大まかに決めますよね?

じゃあそこのベッドのサイズって何cmまでのもの置けるんですかね?
そして買うメーカーによってはベッドのサイズが違うので市販のマットレスが使えないなんて事もあります。
そして、サイズによっては購入する際に気をつけなければいけません。
それを知って部屋を決めてみましょう。

基本的な”日本のサイズ”

まず、日本と外国では使用サイズが異なることは覚えておきましょう。

セミシングル

80cm~85cm
かなり小さいサイズになります。
以前はニトリにも販売されていましたが、今は無いと聞きました。
販売しているお店も少ないです。

シングルサイズ

100cm
単身赴任の人や一人暮らしの方がよく使用するサイズですね。

セミダブル

120cm
少し家の広さを見て一人暮らしをしている方が使用しています。
稀に2人暮らしで使用している人もいるサイズになります。

ダブルサイズ

140cm
基本的に2人で使用する人が多いサイズですね。
同棲を始める方にはお勧めされるサイズです。

クイーンサイズ

160cm~180cm
この大きさまで来ると小さなお子様も一緒に寝られますね。
セミシングルの2枚組と1枚組の2種類があります。

キングサイズ

180cm~200cm
このサイズを使用している人はほぼ見ませんが、
シングルサイズ2枚使用になるため、3人が普通に寝られてしまいます
以前にセミダブルを2本並べて使うという家の大きさがヤバそうな方の
接客もしましたがそれはもうサイズ表記が存在しませんね笑

外国メーカーは注意

ベッドを買う際は日本仕様に作られているものを選ぶようにして下さい。
IKEAとかで購入する際は市販されているマットレスとサイズが異なるため、
購入はデザイン豊富で選びやすいですが、
マットレスの買い換えの際が困るので、注意しましょう。

ベッド購入の注意点

シングルサイズ~セミダブルサイズのベッドまでは通常搬入できるサイズではあります。
しかし、納品間口と納品経路は確認しておいた方が間違いは無いでしょう。

シングルサイズであっても”デイベッド”とかの特殊なものは気をつけなければいけません
”デイベッド”であれば、ベッドの片側に柵が付いています。
その柵の部分が少し大きい為に納品が難しい事もあるので購入の際は確認しましょう。

問題はダブルサイズ以上のものです。
ダブルサイズからは問題はヘッドボード、そしてマットレスです。
先ほど説明した”デイベッド”と理由は一緒です。

ヘッドボードが140cmにもなり、高さもあるために階段を曲がりきれなく
納品が出来ないという事が発生します。

そしてマットレスです。
最近は圧縮タイプのマットレスが販売されていますが、まだまだ種類が少ないです。
圧縮タイプでは無いマットレス
これの納品が出来ないケースが多く、最初は

「いや、でかくてもそんなに厚さがあるわけじゃ無いから大丈夫」

という方が結構いますが、無理なことが多い
理由としては、納品時にマットレスを無理矢理入れる行為を配送員はしないからです。

さすがにお客様の商品を曲げてまで納品することをする業者はいません。

純粋に曲がりきれない為に納品が出来ないんです。
そして、クイーンサイズ、キングサイズに関しては
2枚に分かれているマットレスが増えており、2枚組の場合
シングルサイズよりも小さくなるか同じサイズになるため
納品が可能になるわけです。

しかし、ダブルサイズ。
これは2枚組はありません。
その為に全サイズ中納品で一番難しいのはダブルサイズといえます。

《まとめ》

・サイズごとの大きさを知って部屋に適したものを選ぼう
・外国メーカーを購入の際は日本仕様かを確認しよう
・購入の際は納品できるかは確認しよう

目次に戻る↺

いかがでしたでしょうか?
勿論外国メーカーも悪いわけではないので見てみてからそのメーカーでマットレス購入でも悪くありませんね。
部屋のサイズも考えて快適に置けるスペースを見て下さいね。

目次に戻る↺

関連記事

『脚付きマットレス、、、腰痛める?対策も実はある!』
『マットレスをプレゼント?気をつけるポイント』
『ソファ購入!買うために知っておきたい納品・メンテ知識!』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする