ソファの種類説明・考えて購入しましょう

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

ソファ購入の際、ソファって色々なものがあって悩みますよね?
カジュアルソファとかローソファとか
どれ買おうかなっていう風に。
しかし、ソファ選びはしっかり考えて購入する事をお勧めしますよ。
では種類とともに注意点の確認をしていきましょう。

カジュアルソファ

基本的にそんなに高くない一人暮らし向けのソファになります。
大きくなくギリギリ2人座れる程度のものです。

通常のソファに比べて座面も低く、デザイン性を重視したものが多い。
最近ではソファベッドタイプのものも増えています。

イメージとしてはちょっと大きめの座椅子ですね。
購入に関しては軽自動車でも一人で乗ってきているのであれば
で持って帰ることが出来る程度の大きさです。

KDソファ

組み立て式のソファです。
基本的には背もたれが外れ、脚も外れているものになります。
最近ではこのタイプが主流になっています。

利点としては
背もたれが外れるために納品間口が小さく家を選ばず納品できる物が増えている点です。
物によっては肘掛け部分から全てバラバラになっている物がありますね。

ただ、背もたれ連結式というのはネジ止めして固定します。
そのまま使用していると背もたれのネジが緩んでくるので、
締め直しが発生します。

突然背もたれが「ガクッ」と動くのは怖いですよね?
なのでメンテナンスはするようにしましょう。

ソファベッド

ベッドにもなるソファですね。
たまに聞くのが、ソファに出来なくなった、です。
ソファベッドというのは
・下から引き出しのような物を出してベッドになるタイプ
・背もたれを倒してベッドになるタイプ
と分かれています。

背もたれを倒すタイプはギアが壊れてしまうと
もう直すことが出来ないのが難点です。

基本修理の中にギア交換を請け負っているところが無い為です。

その点、引き出し式のの方が壊れにくいでしょう。
寝心地はベッドとしても使用出来る仕様のため、
ベッドに近い構造になっています。

しかし、寝ることに追求したマットレスとは違い、
寝心地には限界はあります。
年々レベルは上がっている物の選べる寝心地は多くありません

電動ソファ

自動で背もたれと脚が動かせられるものです。
魅力的なのはやはりボタン一つでリクライニングが出来ることです。

電動ソファはかなり大きいイメージがありますが、
背もたれを外すことが可能なのと、3人掛ソファでも1人掛ずつ分割する事が可能なので納品はしやすいですね。
しかし、電動ソファは設置する場所が大きく必要とします。

リクライニングの可動範囲スペースが必要なため
実際、店頭で選ぶ際と実際設置する際とで大きさが違うように感じると思います。
それは、先ほどの設置スペースの必要範囲の説明がない場合がほとんどです。
なので、先に可動範囲の確認と設置部屋の確認はしておくべきでしょう。

《まとめ》

・ソファ使用用途によって選ぶ
・購入の際に可動範囲を先に調べる
・間口を調べて納品できるものを選ぶ

以上になりますが、
ソファも買う物によってはメンテナンスが必要になります。
メンテナンスもネジを締めるだけで無く素材によっても
必要なソファがあるので確認するようにしましょう。

関連記事

『ソファ購入!買うために知っておきたい納品・メンテ知識!』
『ソファの中身?スプリングとクッション材はやっぱり重要!』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする