実はカーテンの採寸は2種類!?長さにも理由が、、、!?

Pocket

こんにちは!
ただいしです!

カーテンのサイズをオーダーにするのか、
既製の物を買うのか、
人によっては

「まぁちょっと短くてもいっか」
「まぁちょっと長くてもいっか」

とか考えたりしていないですか?
駄目ですよー??
カーテンをただのインテリアとして見ていたら駄目です。
購入するんだったらちゃんとした長さの物を選んでくださいよ?
勿論その理由も書きますので見てからでも遅くないですよね!

カーテンの正しい採寸は2種類

現在店頭でオーダーしようとしたら前の測り方で受けられない、保証が難しいというお店が増えています。
その為どちらでも行けるように『2種類』両方を押さえるのが確実と言えますね。
ではでは、

ランナー基準で測る

レールの両端の固定されているランナー。
このランナーのカーテンのフックを掛ける部分の『中央から反対の中央まで』
がカーテンの横幅になります。

そして高さは
掃出し窓(通常の大きい地面まである窓):ランナーの『輪っか下から地面まで』
腰高窓(下まで無く、腰位置程度までしか無い窓):ランナーの『輪っか下から木枠まで』
になります。

レール基準で測る

レールの端から端。
前までの測り方、というのがこちらになります。
単純にレールを測るだけなので簡単ですねー。

では高さは
掃出し窓(通常の大きい地面まである窓):ランナーの『輪っか下から地面まで』
腰高窓(下まで無く、腰位置程度までしか無い窓):ランナーの『輪っか下から木枠まで』
になります。
これは1種類目と一緒ですね。

カーテンの良い長さは?

ここ重要ですよ!

掃出し窓(通常の大きい地面まである窓)

カーテン2枚付ける方
レースカーテン(薄手のカーテン):地面から2cm
ドレープカーテン(厚手のカーテン):地面から1cm
※ただしレースとドレープではレースをドレープより『1cm』短くする。

カーテン1枚付ける方
レースカーテン(薄手のカーテン):地面から2cm・1cmでも可
ドレープカーテン(厚手のカーテン):地面から1cm

まさかの一緒ですね。
違いと言えばレースカーテン(薄手のカーテン)の長さの範囲が広がったぐらいですね。

腰高窓(下まで無く、腰位置程度までしか無い窓)

カーテン2枚付ける方
レースカーテン(薄手のカーテン):木枠から下15cm~20cm
ドレープカーテン(厚手のカーテン):木枠から下15cm~20cm
※ただしレースとドレープではレースをドレープより『1cm』短くする。

カーテン1枚付ける方
レースカーテン(薄手のカーテン):木枠から下15cm~20cm
ドレープカーテン(厚手のカーテン):木枠から下15cm~20cm

予想して他かもしれませんが、
1枚も2枚も基準自体は変わらないので(笑)

この長さの理由

効果の問題になります。
・隙間からなるべく光が入らないようにするため
・隙間から冷気・暖気が入らない、逃げないようにするため
・引きずるとかなり早くボロボロになるため
この3点になります。

カーテンを付ける意味って何だと思いますか?
それは外からの視界を遮る為であったり、遮熱効果を持っているものをつけて
部屋の温度を逃がさないための物、
それか寝るときに部屋を可能な限り真っ暗にしたい。

カーテンを広げずにただのインテリアとしてしか使用しないのであれば長さは好きにしてもいいです。
長いのは下に埃が溜まっていきますが、、、

そして、ドレープよりもなぜレースの方が短くすると思いますか?

それはドレープからレースが見えることで
見栄えとしてのデザイン性を残すためになります。

《まとめ》

・カーテンの採寸の測り方は2種類押さえる
掃出し窓と腰高窓の推奨長さは変わらない
・長さの理由は機能性を発揮しつつカーテンをボロボロにしないため
・レース・ドレープの1cm差はデザイン性の為

目次に戻る↺

以上がカーテンの採寸方法と基準になります。
これを知った上でカーテンを買いに行ってさも詳しい人になりきれば
お店もやたらと詳しい人が対応してくれますね(笑)

目次に戻る↺

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする